つなぎ目から水漏れしている時の応急処置方法

つなぎ目から排水管 水漏れが起こるとすぐに修理をしなければいけません。放置していることで床が濡れてしまったり、症状が悪化して大量の水が出るようになってしまったりするからです。水漏れが続けば、やがて建物にもダメージを与えてしまう可能性があります。業者の到着を待っている間も水が漏れ続けているととても不安になることでしょう。しかし、応急処置を行っておけば落ち着いて修理業者を待つことができます。

■家にあるもので応急処置をしよう

どの水道設備から水漏れしているか判断できる位置の排水管 水漏れであれば、まずはその水道設備の蛇口を締めます。排水管は、蛇口から水を流していればそれだけ水が排水されて流れる水の量が増えてしまいます。うっかり蛇口を使用してしまいそうであれば、蛇口を操作しても水が出ないよう止水栓を閉めておきましょう。
排水管に残っている水がつなぎ目から出る時はタオルや新聞紙を巻き、床に水が漏れるのを防ぎます。また、床にも新聞紙やバケツなどを置いておきましょう。

■市販品を使って水漏れを防ぐ

配管の補修テープを使用すれば、簡単に対応できます。そのまま使用できるものと、水で濡らしてから使用するものなどいろいろな種類がありますが、商品によってテープの強度が違います。購入する時は症状や場所によって使い分けましょう。使い方は簡単でつなぎ目の水漏れ箇所に強く巻き付けるだけです。あくまで補修用品なので水漏れを完全に直せる道具ではありません。しかし、業者の到着を待っている間の排水管 水漏れを止めるのに役立ちます。

■まとめ
もしも水漏れが起こってしまったら、家にあるものを使って対処したり、市販品を活用して水を止めることが可能です。水漏れを食い止めることで、建物への影響も少なくて済みます。誰でもできる方法なのでぜひ参考にしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ